アキモンテサンの日記

会社員しながらクリエイトな毎日をしています

勉強嫌いの息子に『うんこかん字ドリル』をプレゼントした結果

 

勉強嫌いの息子(現在小学2年生)に妻が

うんこかん字ドリルをプレゼントしました。

 

ご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、このうんこかん字ドリルは全国で大ヒットしており、漢字嫌いのキッズたちへの救世主になっているようです。

 

f:id:akimonte:20170717132545p:plain

そして

うちの息子にも、このうんこが必要なのではないかと妻は真剣に考えたのである。

 

 

 

Q.なぜ勉強が嫌いなの?

f:id:akimonte:20170717133031p:plain

つらいのである。

 

 

 

Q.勉強するとどうなる?

f:id:akimonte:20170717133513p:plain

ねむくなるのである。

 

 

ツラくて眠くなる事なんて、大人だってやりたくないですよね。

 

うんこかん字ドリルに託すしかない!

 

早速、うんこかん字ドリルを渡した。

 

f:id:akimonte:20170717134616p:plain

はい、うんこです。

 

 

最初は一緒に問題文を読みながら進めてみました。

途中から息子一人で問題をひたすら解いていきます。

 

 

 

Q.うんこ、どうだった?

f:id:akimonte:20170717135244p:plain

なかなかの好感触だ。

 

勉強に対して「まじでうける」という感想は、そう出てくるものじゃない。

 

 

 

翌日、息子の大好きなゲームの合間にうんこタイムを設けてみると・・・

意外とすんなりとドリルうんこし始めるのです。

 

 

 

ここで息子に変化が・・・!

f:id:akimonte:20170717140435p:plain

質問してきた

 

勉強について質問してくるなんて・・・

なんてヤル気なんだ!

 

しかも、気が付けば

鼻歌を歌いながらゴキゲンに勉強しているではないか!

これは夢なのか?否、現実である。

 

 

 

 

Q.楽しそうだね?

f:id:akimonte:20170717141844p:plain

ついに語りだした!

 

 

 

 

確信しましたよ。

このドリル、スゴイ!

 

 

 

ちょうど最近、インターネットで

出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているのは何故か

と言った内容の記事を読んでいたのですが、

妖怪ウォッチの生みの親でもある和田誠編集長に聞いたところ

「うんこ・ちんちん原理主義で喜んでいただける」

とおっしゃっていた。

『コロコロ』の読者ターゲットは、小学4~6年生の男の子で、この層は150万人ほどいるのに対し、雑誌の発行部数は80万部。つまり、2人に1人は読んでいる計算との事。

本当、すごい事ですよね!

この時期の男の子は、女の子と比べて成長が遅く、女の子は恋愛やオシャレなどに興味があるのに、男の子は漫画に「うんこ」や「ちんちん」が登場すると、ものすごく喜ぶ。いつの時代もそれは同じで、コロコロの編集部ではこのことを「うんこ・ちんちん原理主義」と呼んでいるそうです。

 

うんこかん字ドリルはまさに、

この考え方に近いのではないでしょうか!

 

小学生で勉強を嫌がるお子さんがいらっしゃいましたら、

一度このうんこかん字ドリルを試ししてみてはいかがでしょうか?

プレゼントに送るのも良いかもしれませんね!

 

 

オススメです!

 

 

 

んこかん字ドリルで勉強したあと、

息子は私にこう言った

f:id:akimonte:20170717144412p:plain

 

 

 

 

 

オススメです!